高尾山

高尾141123 紅葉

半年ぶりに、高尾山に登ってきました。紅葉の季節の3連休。縁日並みに人がいました。
6号路を使い登りましたが、ほとんど自分のペースでは移動できませんでした。
山頂付近のリンドウ
112201
もみじ台はこんな感じ
112202
紅葉はきれいでした
112203
頂上からは雪をかぶった富士山も綺麗に見えていました。頂上は、多くの人がいましたが皆それぞれの場所でそれぞれ楽しんでいました。
112204
薬王院で朱印を書いていただきながら、山を下りて行きました。降りながらの茶屋の向かいにあるちょっと立ち寄るのを忘れそうな仏舎利塔のある場所の紅葉。私はここが最も好きです。
112205

112206
楽しい一日を過ごせました。やっぱり自然に当たるといいです。

| | コメント (0)

高尾山 131012

セッコクの季節以来、高尾に登ってきました。季節は、秋の始まりの予定でしたが、東京地方32度の真夏日だったので、山も暑かった。いつものように、6号路から。
山頂はこんな感じ
13101201
10月なのに富士山にまだ冠雪がなくのっぺりとした感じです。山頂のもみじは色付きだしていました。いまは、アサギマダラの渡りの季節なのか数多くのアサギマダラがいました。
13101202
もみじ台の道を下っていると、センブリがそこかしこに花を咲かそうとしていましたが、まだかなと歩いていると一輪咲いていました。
13101203
久し振りの山歩きは、やはり足に来ました。一丁平のあたりで、「高尾山頂あたりで今日はやめておけばよかった」と思ったりしました。ススキがそこかしこで芽を伸ばしていました。
13101204
結局城山まで行き、いつものなめこ汁を飲み折り返しました。春にハンショウズルがあったところには、こんな実がついていました。
13101205
本日最後は、もうないだろうと思っていたヤマホトトギスです。
13101206
スタンプラリーも始まりこれKら紅葉の季節、多くの人が山を訪れることでしょう。

| | コメント (0)

高尾山 セッコクなど 130602

セッコクが咲きだしたようなので、高尾へ。清滝駅内のセッコクが咲いていました。セッコクが多く見れる6号路を登り始めました。6号路へ入る前に、まずナルコユリを見つけました。
13060201
6号路の途中にも一杯あるので後からでいいかなと思いましたが、写真撮っておいてよかった。ここ以外は、咲き終わった感じでした。本日は、セッコク以外にジャケツイバラもと思っていましたが、皆さんのブログを見ていたら1週間前位が満開だったようでほとんど終わっていました。満開のセッコク
13060202
毎年同じような拡大図を撮っているように思うが
13060203
昨年まであったセッコクの場所のサイハイランはなくなっていました。6号路のイナモリソウ
13060204
6号路の途中にあるイナモリソウは最後のほうでした。稲荷山コースへ移り、何気なく振り返るとヤマボウシの花が
13060205_2
このヤマボウシの木は3段ぐらいのツリーのように咲き誇っていました。本当に暫しここでなごみました。
13060206
今いろいろなところで咲き誇っているサイハイラン
13060207
本日2つ目の目的、オオバウマノスズクサ
13060208
これも気を付けないと見落としてしまいますよね。この他に、ワニグチソウもまだ咲いていました。先日花を咲かしていたハンショウズルは実を付けていました。
本日最後は、5号路に咲き誇っていたイナモリソウ達です。
13060209
この後、ムヨウランがあるのではと3号路を降りて行きましたが、残念ながら探せませんでした。何方か咲きだしたらお教えください。出来ればおおよその場所を含めて。

| | コメント (0)

陣馬山から高尾 130521

またまたずいぶんと間隔が空きましたが、元気にいろんなことをしていました。久し振りに山へ。高尾8時35分のバスで陣馬高原下へ。陣馬高原下9時20分にスタート。今回は、いろいろと活動しているので登りもそこそこの感じで上りだしました。いつも休むところの新緑
052101
暫く行き何気なく見るとキンランが
052102
きれいです。山登りに集中している人のは目に入らないかもしれません。陣馬近くには藤もまだ咲いていました。今回のお目当てにしていたミヤコナルコユリは残念ながら見れませんでしたが、陣馬山頂にはヤマツツジが咲いていました
052103
陣馬山山頂10時40分、出発10時50分。山頂下には、キンランもありましたが、ちょっと泥で汚れていたので、後程城山のを。

明王峠、11時30分。ここでちょっとトイレ借りましたが、夏場はちょっときつい状態ですね。

影信山1時、食事をしようかどうか迷いましたが、城山まで頑張ることにしました。城山到着2時。去年までは週末しかやっていなかった城山茶屋が開いていたのでなめこ汁(250円)を飲みながら昼食をとる。
盗掘されていないことを願いながら城山を降りるとありましたきれいなキンラン
052106
ここいらから天気が良くなってきて暑くなってきました。例年通りのカラスカズラ
052107
ハンショウツルも大きく花開いていました
052108
本日最後はワニグチソウです
052109
いっぱいいっぱい自然な野草を観察さしていただきました。高尾山口到着5時半でした。本日歩いた距離26Km、36000歩でした。疲れた。
本日の縦走の中で一番感激したのは、まだ天然のエビネがあったことです。
052104
初めての天然エビネ一人で興奮してしまいました
052105
来年も見れますように願っています。

| | コメント (0)

陣馬から高尾へ 130427

高尾駅北口8時55分のバスで陣馬高原下へ、約40分で到着した。到着後、ちょっといろいろあって陣馬高原下の出発は10時になってしまった。この30分位の遅れて出発したことで後々時間のことが気になってしまった。
足腰も衰えてきたのか、新ハイキングコースを使って陣馬山頂に着いたのは11時40分位でした。山頂下のニリンソウはお花畑状態でした。
01
今回の目的は、2年前に山頂付近で見たミヤマナルコユリを見ることと、影信山下のエンザイスミレを見ることでした。陣馬山頂のミヤマナルコユリはまだ早かったようです。山頂からはきれいな富士山が望めました。
02
12時ちょっとすぎに山頂を後にしました。いろいろなスミレがありましたが本日は紫のスミレ。
03
今が時期なのでしょうかヒトリシズカはいろいろなところで群生していました。
04
明王峠を1時過ぎに通過し、影信山へ向かう。これまで巻道になっていたところがところどころ閉鎖されていました。山中では、山林の手入れの最中でチェンソーの音が唸っていました。
影信山到着は、2時半前でした。山歩きも、今年2回目なので足がだいぶしんどくなってきたので、昼食がてらゆっくり休みました。
休みながらこんな新緑の風景を屋のしみました。
05
2つ目の目的の影信山のエンザイスミレは終了していました。その代わりに、イカリソウがそこいら中に咲いていました。
07
2時40分過ぎに影信を出発、小仏を通過し城山へ。城山も山頂へ向かわず一丁平を目指す。途中でホウチャクソウに花がつきだしていました。
06
一丁平で最後の休憩をとり、最後まで歩き切るつもりでケーブルカーの駅の近くまで歩いた。時間的にケーブルカーが丁度(17時出発)だったのでケーブルカーを使って最後は降りました。長い長い一日でした。

| | コメント (0)

高尾山 野草 130415

スミレ以外の野草です。目立ったのは、ニリンソウがどこもお花畑のようによく咲き誇っていました。まずは、時期が過ぎてしまった感のある
チゴユリ
13041602_2
ジュウニヒトエ
13041603_2
高尾から城山の道では今まであまり気がつかなかったヒトリシズカ(咲き始め)
13041604_2
一丁平から城山の間でよく見かけるイカリソウ、でもこの間風で枝が折れたり、何か所も穴を掘ったところがありイカリソウ例年よりも少なく感じました。
13041605_2
ヤマザクラは所によっては葉桜になっていましたが、まだまだこの様に散り始めの所もありました。
13041606_2
最後は、本日の若葉です
13041601_2
例年通りの場所に、例年通り花が咲いてくれるとほっとします。

| | コメント (0)

高尾山 すみれ 130415

春がどんどん進んでいる高尾へ野草を観察に出かけてきました。いつものように、6号路から城山まで、スタンプラリーを楽しみながら。
山は、そこいらじゅうスミレが咲いていました。いい感じのエンザンスミレがなかったら影信山まで足を伸ばそうと思っていたが、そこそこのエンザンスミレが
13041601
ナガバノスミレサイシン
13041602
もみじ台の北側巻道ではこんなすみれが群生していました
13041603
あちらこちらで見かけた白いマルバスミレ
13041604
こんな紫も多くありました
13041605
最後は、1号路登り口でやっと一輪見つけたタカオスミレ
13041606
スミレはいろいろな方のブログに載っていて、参考にしながら名前を付けようと頑張りますがちょっとの違いで名前が変わってくるようで難しいです。

| | コメント (0)

日影沢 野草たち 130316

ハナネコノメの撮影が今一つ混んでいるし、今一つ光が足りないので、スミレとか他の花を撮りに散策する。
まずは、なんでこんな名前を付けたのだろうヨゴレネコノメ
13031601
タチツボスミレ
13031602
昨年は3から4株あったシュンラン(今年は畦の手入れの為か1株しか発見できなかった)
13031603
ニリンソウ
13031604
ハナネコノメの近くいあったヤマネコノメ
13031605
最後は、午前中は蕾だったアズマイチゲ(開花してくれました)
13031606
この後時間があったので、いろは坂を登り、久し振りに高尾に登りました。下りは、稲荷山を下りました。
京王線高尾山口駅前の公園のソメイヨシノは3輪咲いていました。
春の花の季節が急速にやってきそうです。

| | コメント (0)

日影沢 ハナネコノメ

他の方のブログで毎年のように鑑賞していたハナネコノメをやっと自分の目で鑑賞してきました。想像以上に小さな花で、米粒大の大きさでした。
咲いている場所は、日影バス停を降り、日影沢キャンプ場へ向かう最中にある人口建造物を下流側に向かって歩くとありました。2年間散々探しまわったのがウソのようにそこにありました。撮影は、バスが到着後暫くは混雑しますが、暫く待っているとじっくりと撮影できました。
朝着いた時は、日影で今一つでしたが、11時頃再度行ってみると、日がさしだしていて、撮影しやすくなっていました。それでは、私のハナハコノメ4枚どうそ
01

02

03

05

| | コメント (0)

高尾山 シモバシラ 2013

正月も開け、明日夕方から雪が降るかもという情報があったので、高尾へ向かう。
雪が降ってしまっては、シモバラシは見れなくなってしまいます。
正月明けだったので、ケーブルカーは、順次運行されていた。9時過ぎのケーブルカーに乗り9時50分位に山頂到着。山頂トイレから奥高尾へ向かい出すと直ぐに小さなシモバラシを発見しました。期待が持てそうです。
もみじ台の分かれ道で、北側巻道に入りだすと直ぐに、大きなシモバラシが一杯ありましたが、一応遠目に眺めるだけ。立ち入り禁止の看板がありましたから。
北側巻道は、その後もいたるところでまじかに観察できるので写真撮影は、可能なところでやれます。
昨年は、そこいらじゅうにシモバラシのあった一丁平下は今一つでした。城山の北側の巻道もけっこうありました。
さまざまなシモバラシ その1
01
シモバラシ その2
02
シモバラシ その3
03
シモバラシ その4
05
シモバラシ その5
06
シモバラシ その6
07
最後は、一丁平からの富士山
04
道すがらでもこの程度の写真は十分撮影できます。今だけではありません。皆さん、入ってはいけないと書いてある場所には、春から秋にかけてのかけがえのない野草たちが眠っています。自然を大切に!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧